豊島区池袋 雑司が谷デンタルクリニック
一般・予防 インプラント 歯周病 審美歯科 口腔外科 矯正歯科 小児・訪問 治療費
トップページ アクセス地図 診療方針 スタッフ紹介 院内紹介 院内感染管理 サイトマップ インターネット診療予約(初診)

月〜金10:00-13:00 15:00-19:30
10:00-13:00 14:00-17:00
休診日日曜・祝祭日
03−5992−1182

診療方針

理事長人それぞれに感じる信頼があります。我々の笑顔、応対のいいスタッフ、清潔な診療室、痛くない治療、丁寧で計画的な説明、明快な費用説明、治療後の手入れに関する適切な指導など。
これら心が気持ちよいと感じることをひとつひとつ具体化して積み上げていくことをモットーとしております。

私たちたけした歯科スタッフは、患者様とのインフォームド コンセント(十分な説明)により、よりすぐれた歯科医療をはぐくむために患者さんとの対話をもっとも重視しております。

また、仁優会 たけした歯科は、各歯科治療の分野のプロフェッショナルとの連携を密にして、"包括的歯科治療" いわゆるチーム医療を心がけております。

理事長 竹下 賢仁

★ Today’s TUBUYAKI  (旧:Thinking of today

理事長略歴
大分県生まれ
  • ・日本口腔インプラント学会専門医
  • ・I.O.R.主宰
  • ・東北大学顎顔面機能再建学分野非常勤講師
  • ・デンツプライアストラテックインプラントシステム講師
  • ・AO active member
平成 5年 日本歯科大学新潟歯学部卒業
平成 5年 医療法人社団歯友会赤羽歯科上尾診療所入局
(主に義歯・咬合理論を学ぶ)
平成 9年 医療法人社団歯友会赤羽歯科上尾診療所退職
平成 9年 たけした歯科開設
平成12年 雑司ヶ谷デンタルクリニック開設
サクセスインプラントセンター開設
平成14年 医療法人社団仁優会開設
平成16年 雑司ヶ谷デンタルクリニック移転
平成18年 医療法人社団仁優会 たけした歯科移転開業
平成18年 IOR設立

たけした歯科サクセスインプラントセンターは、インプラント専門歯科医が2名・口腔外科医(歯科麻酔も担当)2名・歯周病専門医が1名が在籍し、患者様へのインプラント・歯周外科手術を行っております。それぞれ、専門性の高い治療ですので、我々歯科医は患者様の口腔内情報やCTデータをもとに、症例ごとに打ち合わせをしてから各手術に望んでおります。

また、私達は患者様の治療の他に若手歯科医の教育も行わなくてはいけません。当院にも数名の若手歯科医が在籍しております。彼らに研鑽を積ませる事も考えなくてはいけませんので、所属する歯科医全員が強いスクラムを組んだチーム医療を行っております。インプラント・歯周外科手術の患者様には最低2名の歯科医が診断・治療・手術・メンテナンスにあたっております。

このようなシステムで治療を進めている民間医療機関は決して多くないと思います。 我が国の医療保険制度は破綻寸前です。質の高い医療サービスを提供できるよう、前向きに頑張っていきたいと思っております。

歯科用デジタルCT
CT導入により、我々の診断(インプラント・歯周病・上顎洞炎・顎骨病変・埋伏親知らず)や、患者さんへの説明(三次元的に状態の説明ができる事により患者さんの理解度が高まる)・術後管理(骨造成後やインプラント検診時)に非常に有効なアイテムとなります。また、インプラント治療のカウンセリングにおいては、その場で解析ソフトで分析が可能となっておりますので、診断・治療計画立案が30分程度で行え、スピーディーなカウンセリングが可能となりました。
一般治療

歯科治療は痛い・治療が長いとよく言われます。当法人では無痛治療として麻酔科医による静脈内鎮静法・電動注射器を使用して圧力を一定にすることで行うことでの麻酔時の疼痛の軽減を図っております。歯科医も5名体制で患者さまの治療に当たらせていただくことにより、レスポンスのよい歯科治療を心がけております。

インプラント治療

当法人では、サクセス インプラント センターを併設し、開設以来約750名の患者さまに約3000本のインプラント治療をご提供してまいりました。

インプラントの安定率は約98%となっております。インプラント治療では歯科医の経験だけに頼らず、CT・オステルを用いより正確で安全なインプラント治療をご提供しております。

歯周病

歯周病でお悩みの方は本当に多くいらっしゃいます。当法人は歯周病認定医による予知性の高い歯周病治療を行なっているとともに、再生医療にも力をいれ、80歳になってもご自分の歯で食事をしていただける治療をご提供しております。

矯正歯科

矯正歯科という言葉は単に見た目をよくしよう!ということでけではなく、お口の機能面や清掃面を改善する目的があります。当法人は矯正医2名体制で、小児期から成人矯正まで幅広くご提供しております。

予防治療

歯科医・歯科衛生士が連携し患者さまの治療後のお口の管理を行っております。患者さまも、できましたら3ヶ月に一度はお口の中のチェック・クリーニングにいらしてください。

トップページご挨拶の履歴

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は医療法人社団仁優会にご来院くださいましてありがとうございました。
本年は開業16年目を迎えます。今年の僕個人のテーマは「勢」きおいとしました。人生半分以上経験して、ここ数年はあれこれ考えながら生きて参りましたが、今一度、開業当初のがむしゃらな気持ちを思いだし「勢」もって精進したいと思います。

スタッフ一同、医療サービスの質を高めるべく従事していく所存ですので、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2012 元旦 理事長 竹下賢仁

年末のご挨拶

日頃は仁優会サイトをご覧くださいましてありがとうございます。
お陰様で、本年の診療は無事に終了いたしました。

今年は3月に甚大な災害が起きました。被災にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。
我々歯科医療を取り巻く環境も厳しい時代が続いておりますが、なにくそ精神で従事してまいりました。その結果、本年は過去最高ののべ患者数となり、15年目を迎えた仁優会には大きな勇気を与えてくれました。
この場をおかりして、ご来院いただいた患者様、我々歯科医師をサポートしてくれる歯科衛生士・技工士・受付の方に心より感謝申し上げます。

2012年も更なる飛躍をするべく、スタッフ一同精進していく所存でございます。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
皆様、よいお年をお迎えください。

医療法人社団仁優会 たけした歯科
理事長 竹下 賢仁


開業15年目を迎え

本日5月6日はたけした歯科開業記念日です。たけした歯科は来院頂いた患者さん、私を支えてくれている関係者・スタッフ・家族のお陰で15年目を迎えることができました。この場をかりて感謝申し上げます。

毎年開業記念日には新たな決意を誓っていますが、15周年という節目の年にあえて新たにこれをやってみようというテーマは作らず、こういう組織になろう・・ということを考えてみようと思います。

数年前から仁優会は全国の歯科医療組織のなかでも、大きな組織となり、現在30名近くのスタッフを抱えております。
開業して15年、私も歳をとりスタッフとのジェネレーションギャップも出てきました。世代が違う者の意識統一を図ることの難しさを最近感じていることも事実です。そのような意味でも、組織のあり方を考え、強い組織となり、患者さんの満足度をより向上できるよう考えていく必要があると考えます。

現在の私たち医療従事者を取り巻く環境は決して穏やかな海ではありません。私自身40代中盤を迎えるにあたり、医療法人社団仁優会という船をどう舵取りをしていかなければいけないか、十分に考えなければいけません。 仁優会をどのような組織にしていくのか・・・目標(目的地)を定めなければなりません。

目標を明確にすることは簡単そうで、なかなか悩むところです。
私は仁優会理事長として、歯科医人生を終える時には、仁優会を地域の歯科医療ランドマークとして、地域の皆様に認めて頂ける施設となることを長期目標としています。
長期目標達成の為の短期目標は、次の節目開業20年にむけ、訪問歯科診療・定期検診システムの確立を行うこと。スタッフ一同、知識や技術向上のため、向上心をもって研鑽することを目標とし、スタッフには常に感謝の念を持ち、誰もが認める社会人になってもらいたいと願っております。
私はスタッフに対し、スタッフ全員が医療従事者としての真の心をインスパイア(鼓舞)されるような理念をもって行動したいと考えております。
またI.O.R等を通じて、現在の歯科界の閉塞感を打破できるよう、後輩達の教育にも力を入れ、少しでも歯科界の力になれればと考えております。

最後に、ホームページにも掲げておりますが、仁優会が心掛けている事を記したいと思います。
  1. 医療従事者すべてが心地よい歯科診療を行う事
  2. 患者さん、医療従事者にとって、安心な感染管理を行う事
  3. 診療においては、説明 → 同意 → 契約 → 保証の考えで臨む事
  4. 医療従事者は最良の治療を提供できるよう常に研鑽する事
  5. 極力、患者さんの無駄な通院を無くし、スピーディーな治療を行う事
  6. 人の痛みがわかる医療従事者になるよう努める事

以上をスタッフ一同再確認し、患者さん満足度をより向上できるよう従事していく所存です。
15年目を迎えた医療法人社団仁優会をどうぞよろしくお願い申し上げます。

平成23年5月6日

医療法人社団仁優会 たけした歯科
理事長 竹下 賢仁


新年明けましておめでとうございます。
新年旧年中は医療法人社団仁優会にご来院またオフィシャルサイトをご覧くださいましてありがとうございました。

本年は昨年に引き続き高齢者歯科治療、ご来院頂いた患者様の治療評価を2本柱として歯科治療に従事していきたいと考えております。
個人的には、更なる安定したインプラント治療の構築とスタッフモチベーション向上の為色々と考えていこうと思っております。

2011年は15年目を迎えます。強く地域に密着した医療を心がけ、スタッフ一同精進して参る所存でございます。
本年も医療法人社団仁優会をよろしくお願い申し上げます。

医療法人社団仁優会 たけした歯科
理事長 竹下 賢仁


新年明けましておめでとうございます。
旧年中は仁優会たけした歯科ならびに雑司ヶ谷デンタルクリニックへのご来院、仁優会サイトをご覧くださいましてありがとうございました。
昨年は一昨年からの不況で日本全体が元気がありませんでした。我々歯科界においてもそのように感じました。その現状を打破すべく、本年は歯科医療の原点をもう一度見つめ直し、スタッフ一同業務にあたる覚悟でございます。

私が考える2010年仁優会の方針(考え方・取り組み方)を以下に記します。

  • 歯科医療サービスのあり方を従業員に徹底的に教える。
  • 過去に受診頂いている患者さん約16000名の治療結果を検討し真摯に受け止める
  • 治療から予防へ・・の考え方をスタッフ及び患者さんへ教育し、地域患者さんの口腔レベルを向上させる(虫歯や歯周病を減らす)
  • たけした歯科において、ご高齢の患者さん、足腰の不自由な患者さんに対し、送迎車を用意し、送迎システムを確立する
  • たけした歯科において、訪問歯科診療システムを確立し、地域の患者さん及び老人介護施設との連携を密にする

以上5項目を基本方針として歯科診療にあたる所存でございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2010年 元旦
医療法人社団仁優会
理事長 竹下賢仁

今年1年、仁優会たけした歯科ならびに雑司ヶ谷デンタルクリニックにご来院、また仁優会サイトをご覧くださいましてありがとうございました。
2009年は私にとって悩み多き1年でした。患者さんからお叱りを頂戴したこともありました。スタッフの事でも多く悩みました。反省・反省を繰り返した1年でした。
この事を来年以降にいかし、より良い歯科治療サービスを提供し、強力な(患者さんにとって安心できる)組織作りをしていきたいと思っております。
来年は開業14年目となります。より地域に密着した歯科医療施設を目指し邁進していく所存でございます。本年、仁優会にお付き合い下さいましてありがとうございました。

2009年 12月30日
医療法人社団仁優会
理事長 竹下賢仁

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は仁優会にご来院・サイト閲覧ありがとうございました。
昨年のご挨拶で述べましたように、仁優会は専門性を重視した歯科医療体制を整えるべき努力して参りました。その基礎は構築出来たと考えます。今年・来年とその分野においては更なるレベルアップが必要と考えております。そのことが、当法人を受診下さる患者さんの満足度アップにつながると思っております。
本年は、 歯科医師・歯科衛生士・受付一同、歯科医療とは何か?医療の原点を考え、日々臨床に臨んでいく所存でございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2009年元旦
医療法人社団仁優会
理事長 竹下 賢仁


今日、5月6日はたけした歯科開業記念日です。今年で11年目を迎えます。昨年は10年という1つの区切りの年で、移転後の基礎作りの足固め第一段の年でした。経営者として再認識すべき点の確認や医療人としての倫理観の確認・診療体制のチーム化に重きをおいて従事してきました。
今年は足固め第二段の年と考えています。

新年の抱負でも述べましたように、仁優会の診療の柱を決め、それらについては患者さんに対し、最高の医療サービスを提供できるような体制を築きあげる事を11年目のテーマと考えております。
インプラント・歯周病治療がそれにあたります。最近はちょくちょくインプラント治療の事故事例を耳にする事があります。現在、僕は微力ながらインプラントの普及の為、講習会をやらせて頂いておりますが、若い先生の勉強熱心さは感心しますが、すぐに肝を求めすぎる傾向に不安を感じております。僕の大先輩の先生方や僕自身が長い月日をかけて得た何かしらのエッセンスをすぐに修得する事は無理な事は行わない事がインプラント治療の事故を防ぐポイントと考えます。ですので、僕のスタッフへは当然の事、受講下さる先生方へその事を伝えていかなければいけません。
もちろん、たけした歯科サクセスインプラントセンターを日本国内有数のインプラント施設にしていく体制つくりもしなくてはいけません。
インプラント治療に限らず歯科治療全般においてのテーマを考えてみました。

診・技・対・・・

どこかで聞いたフレーズですね。
そうスポーツ精神でよく言われる心・技・体をモディファイしてみました。

とは我々医療人が疾病を診る目・患者さんの心を診る目を養うということ。
とは言葉のように確実な治療技術を養うということ。
とはスタッフ間の対応、患者さんとの医療倫理に基づいた対応に重きをおく事。

僕はもちろんのこと、仁優会に属する全てのスタッフや技工士さん・業者の方々に理解頂き、歯科医療サービスを行っていきたいと思っております。
仁優会の11年目もよろしくお願い申し上げます。

平成20年5月6日
医療法人社団 仁優会 たけした歯科サクセスインプラントセンター
理事長 竹下 賢仁


新年あけましておめでとうございます。

旧年中は、患者様に於かれましては医療法人社団仁優会たけした歯科ならびに雑司ヶ谷デンタルクリニックにご来院頂きまして誠にありがとうございました。まだまだ不十分な医療サービスもあると思いますが、日々研鑽を積み、より良い歯科治療サービスを提供できるよう精進していく所存でございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
また、仁優会スタッフ及び関係者の方々に於かれましては、私の考えについて来ていただき感謝申し上げるとともに、スタッフにおいては、本年更なる個々のスキルアップを期待しております。その他関係者の方々においては、本年も色々とご助言・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

医療法人社団仁優会両院にご来院頂いた患者様の総数は開業以来13000名を超えました。この貴重な財産を生かしながら、2008年は様々な診療分野で体制の見直しを行い、安心・安全・スピーディーを念頭におきながら、体制の構築に努めていきたいと考えております。
また、歯科治療の中で色々な治療分野がございます。虫歯などを治療する一般治療、親知らずの抜歯や嚢胞摘出・ドライマウス治療などの口腔外科治療、現代病の一つでもある歯槽膿漏や口臭症の治療を行い、歯周組織再生療法などを行う歯周病治療、そして、欠損補綴の最高峰であるインプラント治療・・・・・・また、虫歯・歯周病の予防、審美歯科治療、矯正治療、訪問歯科診療などなど、これら以外にも多くの治療分野がございます。

仁優会はこれらの治療分野の中でも、一般治療は当然のこと、インプラント治療・歯周病治療・口腔外科治療、審美歯科治療にそれぞれエキスパートドクターを配置し、予知性の高い治療を行っていく考えです。
インプラント治療おいては、ここ数年、アストラテックインプラント治療実績が東日本第1位でございます。今後は、他院でのトラブル症例や骨造成依頼も増加する傾向にあります。アドバンス症例が増加しますが、益々研鑽していく所存です。
歯周病治療は、雑司ヶ谷デンタルクリニック院長の松村(日本歯周病学会認定医)がたけした歯科での診療も開始し、松村プログラムを確立し、治療提供していくこととなりました。今後サイト上でもアップしていきます。
口腔外科治療は専門医である船木(たけした歯科サクセスインプラントセンターオーラルサージェリーディレクター)を中心に、大学病院歯科口腔外科に近い治療がご提供できる体制を確立していく考えです。
審美歯科治療においては、歯肉から綺麗に・・・をモットーにメタルレス補綴を目指していく考えです。

2008年も医療法人社団仁優会にご期待下さいますようお願い申し上げ、新年のご挨拶とさせて頂きます。

2008年 元旦
医療法人社団仁優会 理事長 竹下賢仁


開業10周年をむかえて

たけした歯科は5月6日で開業10周年をむかえました。これもひとえに患者様・業者様・技工士さん・私をサポートしてくれたスタッフ、そして家族のお陰と感謝申し上げます。
まだ30歳手前の若輩者の私をなんとか開業できるまで育てて頂いた赤羽歯科関口院長先生、開業という勇気をくれた父・義父にまず感謝感謝です。

振り返ってみると、10年はあっという間に過ぎたような感じも受けますが、ここ3年は色々あり長くも感じてます。 開業当初は何もわからず、ただ自分の夢を追って日々診療を行っておりました。その頃はスタッフも少なく、患者様をお待たせしたりで最良の医療サービスが出来なく、ご迷惑お掛けしました。
そのような状況下でも多くの患者様に励ましのお言葉を頂戴して、何度も救われました。本当に感謝申し上げます。
開業して現在まで9500名の患者様の治療をさせて頂いたのですが、開業当初の多くの患者様は未だにお越し頂いており、自分のやってきた事の大きな財産と感じております。

たけした歯科の10年間の中で大きなポイントが3つあります。
1つ目は訪問診療です。高齢化社会に向けて我々若手歯科医ができる事は何か・・を考えた時、訪問診療が私の出した答えでした。ちょうど介護保険制度が制定された時でしたので、社会の目にも違和感なく受け入れられた事も幸いでした。訪問診療を始めた事により、地域密着型歯科診療の第一歩を踏み出したと考えております。
2つ目はインプラント治療です。開業当初からインプラント治療は行っていたのですが、インプラント治療の患者様に与える恩恵に感銘を受け、平成11年頃から本格的に導入致しました。インプラント治療を行った事により、師匠と呼べる諸先輩方や優秀なスタッフに出会う事ができました。現在では他府県から多くの患者様がお越しになっております。
“インプラント治療はたけした歯科サクセスインプラントセンター”という歯科診療所を、ブランド化させてくれたと感じております。
3つ目は昨年の診療所移転です。10年目をむかえるにあたり節目の計画でしたので多くの方々にご協力頂き、立派な診療所ができました。
またこの計画の際にたけした歯科に事務長と呼べる信頼できる男と一緒に仕事ができた事を嬉しく思います。これからはこの診療所を守っていけるよう精進致します。

最後に、長くたけした歯科に勤めて頂き、診療所の顔である受付、患者様の口腔管理・歯科医のアシスタントをしてくれている歯科衛生士・多くの患者様の治療にあたり、私のフォローをしてくれている歯科医にこの場をかりて感謝申し上げます。
たけした歯科は益々地域に密着し、総合歯科病院になるべく研鑽していく所存でございます。
今後とも、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

平成19年5月6日
医療法人社団 仁優会 たけした歯科サクセスインプラントセンター
理事長 竹下 賢仁